滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

不動産査定を行う3つの方法があるんですよ!ご存知でしょうか?

《不動産査定を行う3つの方法と特徴》

 

相続税評価額から推定する方法

相続税評価額は、土地については相続税路線価を基準とし、建物については固定資産税評価額を基準とされています。土地の相続税路線価は時価の80%程度と言われています。一方で建物の固定資産税評価額は、新築当初は請負金額の50~60%程度ですが、その後、築年数が経過してもあまり変化しません。

 

不動産鑑定士による不動産の鑑定評価

これは有料での鑑定評価となり、時価の評価額が取得できます。主に相続人同士で本格的に揉めてしまい、最終的に裁判を起こすようなケースの時です。

 

不動産会社による無料査定

無料査定では、今売れる売却予想価格を査定するため、その査定額はまさに時価となります。不動産によっては相続税評価額と大きくかい離するような結果になることもあります。

相続物件を買取り査定致します!売却もお任せ下さい(^O^)京都市左京区(一乗寺・岩倉・岡崎・上高野・北白川・鹿ヶ谷)

 

 

 

 

 

京都の不動産売却・査定の事なら近畿圏不動産買取センターにお電話下さい。築年数不詳でも大丈夫!どんなことでも相談下さい。京都市左京区(一乗寺・岩倉・岡崎・上高野・北白川・鹿ヶ谷)

 

 

 

 

 

 

近畿圏不動産買取センターは相続物件も大丈夫です。必要に応じて税理士、司法書士も無料で紹介させていただきます。まずは相続人でよく話し合って合意して、不動産を再査定しなおすことから始めた方が良いでしょう。遺産分割協議では、「収益物件」や「底地」、「広大地」、「小規模宅地の特例と採用した土地」など大きな評価減を得ている不動産を優先的に査定することがコツです

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.