滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

築年数から見た売却タイミングとは…(戸建の場合)【守山市】

築年数から見た売却タイミング(戸建の場合)

 

戸建については、築11~15年目までは▲10%程度の減額ですが、築15年以上になると急に下落していきます。

築15年~30年にかけては、価格の下落が続き、その後はほぼ一定の価格になります。

戸建は築15年以上になると、設備の修繕費用等が大きく発生するため、急激に価値を落とします。

戸建の場合、土地価格の影響が強いため、下落幅がそれほど大きくはありません。

築26年以降価格がほとんど下落しないのは、建物価格がゼロになり、ほぼ土地価格で取引されるためです。

 

戸建の場合は、築15年までが売り時です。

 

 

 

 

 

近畿圏不動産買取センターは、不動産査定の専門店です。他社でなかなか売れない物件もお任せ下さい!【守山市】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

築30年以上の古い住宅や、仲介ではなかなか買い手がつかない不動産も大丈夫です。 再建築不可・無道路地・建物の傾斜・相続登記が出来ていない不動産も買取可能です。どんどんお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

この機会に不動産売却・買取の専門業者 近畿圏不動産買取センターへご相談くださいませ。「無料相談」「無料査定」「プライバシー保持」をお約束いたします(*^^)v

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.