滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

売買いのタイミング(4つのパターン)!近畿圏不動産買取センター【京都市中京区】

 

 

京都市中京区の不動産売却・買取り・下取りも近畿圏不動産買取センターにお任せ下さい!【京都市中京区】

 

 

 

 

住み替えもタイミング大切です。近畿圏不動産買取センターの専門スタッフがお客様のお悩みを解決致します!【京都市中京区】

 

 

 

 

《売買いのタイミング》

1.売却先行型

先に現在の住まいを売りに出し、売れる見込みが立ったら住み替える物件を探す方法です。売却額で妥協したくない人や、住み替える時期が差し迫っていない人にはこの方法が向きます。ただし、住みながらの売却となるため、きれいに住んでいないと内覧などではやや不利になりことがあります

 

2.売買同時進行型

現在の住まいを売りに出しながら、住み替える物件を並行して探す方法です。売却資金を購入資金に充てられるものの、住みながらの売却なので、きれいに住んでいないと内覧などでは不利になります。住んでいる間はできるだけ整理整頓した方がいいでしょう。

 

3.買い先行型

購入を先に行い、まず引っ越してから現在の住まいを売りに出す方法です。荷物を運び出した状態で内覧を行うことができるので、高めに売却できる傾向もあります。資金的に余裕があれば問題はないですが、そうでない場合には、売却までつなぎ融資が必要になる場合もあります。
また、元の物件に住宅ローンが残っている場合は、一時的に二重ローンになることから、期待通りの新規借り入れができない場合もあります。特に買いを先行させる場合は、住み替え物件の予算は慎重に検討しましょう。

 

4.買いのみ(元の家を賃貸に)

購入だけを行い、元の家は賃貸に出すという方法です。
売却代金を購入代金に充てる必要がない場合に可能になります。また、元の家が賃貸住宅として可能性を持っていることも条件と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

 

無料査定のご依頼は、フリーダイヤル 0120-50-8181 まで

 

 

 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.