滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

重要事項説明書の再発行は難しいですが、コピーは可能でございます。

重要事項説明書とは、不動産を購入する際などに不動産業者から交付される、その不動産のまとめられた書面です。

そして、住宅ローンを利用する際や、住宅ローンを借り換える際は、審査時に重要事項説明書のコピーの提出を求められます。そのような理由で重要事項説明書を必要とするものの紛失するなどして見当たらない場合は、重要事項説明書を交付した不動産業者にご相談下さい。

重要事項説明書は、不動産を売買した当事者と、その不動産を販売や仲介した不動産業者が後にトラブルになることを防ぐために作成されます。よって、多くの不動産業者は、買主に交付した重要事項説明書を5年、または10年間などにわたり保管しております。

重要事項説明書の再発行は難しいものの、大抵の不動産業者はコピーであれば交付に応じてくれるはずです。

家を購入した時に、重要事項説明書を必ず交付されるものですが、いざ必要になってくるのは家を売却する時なので、気をつけてください。

不動産のことなら近畿圏不動産買取センターに、下記のフリーダイヤルからお電話くださいませ。

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.