滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

不動産購入の主な流れは以下の通りです。

夢のマイホーム購入は、人生において何度もあることではありません。

人生において数回しかない不動産購入の流れについて今日はお話していきたいと思います。

1.理想の不動産をインターネットなどを使って見つけてください。

2.理想の不動産がみつかったら、売主(不動産業者)に購入の意思を伝えてください。

3.売主が購入の申し込みに承諾をすれば、その不動産を販売、または仲介する不動産業者から重要事項説明をうけて、内容に納得すれば重要事項説明書に署名捺印することになります。

4.その不動産の売主と売買契約を結び、場合によっては手付金を支払うことになります。

5.住宅ローンを利用する場合は、審査に申し込みます。

6.審査に通るなどして物件代金が用意できれば、売主に支払いをします。

7.名義変更などを行い、不動産が引き渡されることになります。

以上が、主な流れになりますが、状況によっては順序や内容が変更することもございます。

弊社も、上記のような流れに沿って不動産売買を行っております。

すべてを、覚えておく必要はありません。なぜなら、私たち不動産のプロに聞いていただければお答えします。

弊社では、お使いになっていない、空き家や空き地や農地の買取を強化しておりますので、お困りの不動産がございましたらお気軽にご連絡下さいませ。

下記のフリーダイヤルから、お電話くださいお待ちしております。

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.