滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

ローン返済に行き詰ったら・・任意売却!近畿圏不動産買取センター彦根

住宅ローンが残っているが、返済に行き詰ってきている・・どうしたらいいのか?そんなお悩みをお持ちの方は、近畿圏不動産買取センターにお任せ下さい。ご相談に応じます。金融機関、弁護士、司法書士、税理士、などと連携しておりますので、全ての対応は早いですよ。

任意売却とは、住宅ローン(不動産ローン)の融資を受けている債務者(ローンを借りている方)と、債権者・抵当権者にあたる各金融機関(銀行)との合意の上で、債務(借金)を整理し、競売対象の不動産を任意に売却することです。 ローンの借主にあたる『債務者』が、借入金・住宅ローン等の支払いが何らかの理由で困難に陥った場合には、金融機関などの抵当権者にあたる『債権者』が担保不動産を差押え、不動産競売の申立てを行います。そこで、競売で処理されてしまうところを、債権者にお願いして一般市場において売却をさせてもらう事を『任意売却』と言います。

債権者側のメリットとしては競売で回収する金額より一般市場にて売却する事により、若干多く回収出来るという事があります。債務者にとってのメリットとしましては、一般市場で売却する事により、残債務を減らす事が出来る、任意売却処理後の借金の返済を柔軟に対応して貰える事にあります。

 

お客様の意に沿わない契約を行うことは一切ございません。 不動産に関するどんな事でも結構です、不安に感じている部分やわからないことは なんでもご相談ください。

ぜひこの機会に不動産売却・買取の専門業者 近畿圏不動産買取センターへ!

お気軽にお問い合わせください! (*^^)v

 

 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.