滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

空き家・空き地を栗東市にお持ちでしたら近畿圏不動産買取センターへ

栗東市に空き家・空き地をお持ちで、お困りでしたら近畿圏不動産買取センターにお任せ下さい。誰も生活していない家を放置していませんか?空き家管理していますか?ほったらかしの空き家は、近畿圏不動産買取センターが買取ますよ!今すぐにご連絡してください。

お問い合わせは、こちらからどうぞhttp://www.滋賀京都関西不動産高値買取空家.com/contact/index.html

フリーダイヤルは、 0120-50-8181 まで、宜しくお願い致します。

【土地や建物を売った際の税金は】

買った時よりも高く売れた場合・・利益として申告が必要です。所得税や住民税がかかります。

買った時よりも安く売った場合・・税金はかかりません。

そして居住用としての家を売却した場合であれば『居住用財産の3000万円の特別控除』が適用されます。

簡単に言えば買った時の金額から売却した際に3000万以上利益が出た場合に課税されるというものです。

空き家にして住まなくなった日から3年を経過する年の12月31日までに売れば大丈夫!(^^)!

近畿圏不動産買取センターの専門スタッフにお任せ下さい!

 

 

この機会に不動産売却・買取の専門業者 近畿圏不動産買取センターへご相談くださいませ。「無料相談」「無料査定」「プライバシー保持」をお約束いたします!

 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.