滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

現況と登記内容が異なってませんか?近畿圏不動産買取センター【八幡市】

物件の現況と登記内容が違うことがあります。

家でも土地でもあります。

土地の地積が異なれば境界も異なるため、トラブルのもとです。

正確な地積は測量しなければわからないので、法務局で地図(公図)を取って、隣地との境界や土地の形状を確認しましょう。

ご心配な方は、近畿圏不動産買取センターへご相談ください!!

 

 

家の場合は登記されていない増築があると、現況と登記内容は変わります。

表題部変更登記には義務があるため、登記していないと法令違反になってしまいます。

それに買主から登記を求められるはずです

 

 

近畿圏不動産買取センターは、経験と実績がお客様の安心感や満足度を高めると思っております。

 

 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.