滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

滋賀の不動産知識をお持ちですか?近畿圏不動産買取センター守山

家 土地を売るなら、不動産会社を何件か回った方がいいですよー

滋賀の不動産会社へ行くのなら不動産の基礎知識は持っていた方がいいですよ。

お困りの時は近畿圏不動産買取センターのホームページを覗いて下さい。

 

 

 

何気ない会話の中でも前向きな言葉を口にし、また些細なことに対しても「ありがとうございます!」と話す姿は、意識されているのであれば大変な努力だと思います。近畿圏不動産買取センターのスタッフもお客様に「良かった」と思っていただけるように努力しています。

 

 

 

不動産会社に依頼する時の基礎知識】

不動産会社が売却の仲介をすることを「媒介」といい、媒介を依頼する契約のことを「媒介契約」といいます。

《一般媒介契約》何社にも募集を依頼できていいのですが、不動産屋は報告の義務がないのでご自分で管理することになります。

《専任媒介契約》1社だけに募集を任せることになります。期限は3か月ですが、報告が約束されています。不動産屋の協力が得られます。

《専属専任媒介契約》専任媒介契約と似ていますが、お客様が買う人を見つけてきても必ず不動産屋が仲介に入ることになります。状況報告は、週に1回以上する事が約束されています。


 

 

 

 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.