滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

建物が建ったままの土地売却メリット・デメリット!!

築年数が古い一戸建てはそのまま売却してしまうと、雨漏りやシロアリ被害など住んでいるときには知らなかった瑕疵(欠陥や不具合)があった場合、瑕疵担保責任を負わなければなりません。土地(現況古家あり)として売却する場合は、あくまでも売買の対象は土地です。建っている家の瑕疵担保責任を負わないという特約が有効になりますので、売買契約の条件としたい意向を事前に伝えてください!

 

近畿圏不動産買取センターがスムーズな売却を提案します。どうぞ、ご安心くださいませ

 

 ↑ここをクリック

 


 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.