滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

狭い、小さい、道路がない、形が悪い、そんな土地は近畿圏不動産買取センターへ!!

狭くて小さくて形が悪い道路が狭いなどの悪条件が揃っているからと言って諦めるのは、まだ早い!!滋賀・京都・関西の不動産売却・買取実績のある近畿圏不動産買取センターにお電話して下さい。

取り敢えず、物件を査定させて下さい!査定も相談も完全に無料でやらせていただいております。

再建築不可物件とは、昭和25年に制定された建築基準法を満たさない土地の上にある建物のことです。基本的に、幅4m以上の道路に2m以上の土地が接してないと建築物はたてられません。建築物を解体工事すると建替えが出来ません。その土地にはもう建てられません。

既存不適格物件とは、建築時に適法に建てられたがその後、法令の改正や都市計画変更等により不適格な部分ある建物をいいます。建築基準法は原則として着工時の法律に適合していればよくて、着工後に法令の改正などがあった場合は、そのまま使用していても良いが増築や建替えの時は、現法令に従って建築することになります。 

 

 

 

 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.