滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

現況と登記内容が異なってませんか?近畿圏不動産買取センター【八幡市】

土地でも家でも、現況と登記内容が異なることがあります。

 

 

土地でも家でも、物件の現況と登記内容は異なることがあります。
特に多いのは土地の地積で、地積が異なれば当然に境界も異なってくるため、そのまま売るとトラブルになってしまいます。

正確な地積は測量しなければわからないので、とりあえず法務局で地図(公図)を取って、隣地との境界や土地の形状を確認しましょう。

 

 

 

 

家の場合は登記されていない増築があると、現況と登記内容は変わります。 表題部変更登記には義務があるため、登記していないと法令違反になってしまいます。それに買主から登記を求められるはずです。

その理由は、増築部分が登記されていないと買主が融資を受けられないからで、現況と登記内容が異なる状況は、正しておかないと後で面倒なことになりがちです。

 

 

 

 

近畿圏不動産買取センターでは八幡市の買取物件を探しています!専門スタッフがスピード査定致します!

 

近畿圏不動産買取センターの独自の確かな売却ノウハウで適正な査定価格をご提示いたします。せび、この機会にご相談くださいませ。【八幡市】

 

 

 

 

 

 

近畿圏不動産買取センターは、経験と実績がお客様の安心感や満足度を高め、『頼んでよかった』『ありがとう』と思っていただける礎になると弊社では考えております。

近畿圏不動産買取センターでは売主様の様々なご要望にお応え致します。できるだけの好条件で売却を成立させていただく事をモットーにさせていただいております。家を売ることに不安や疑問があると思いますが、お客様の立場になって売却にベストな方法でご提案しお手伝いさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.