滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

家の買い替えでローン残債がある場合はどうする?【宇治市】

 

 

 

 

 

ローンの残債が多くても大丈夫です。金融機関との交渉を近畿圏不動産買取センターが行い、スムーズな売却を提案します。【宇治市】

 

 

 

 

 

 

家の買い替えでローン残債がある場合はどうする?

ローン残債がある場合は完済しなければ家を売ることができない」としていますが、これは「売るだけ」の場合です。買い替えの場合はローンが残っていても大丈夫なケースが多いです。

家を売り、売却益でローンを完済し、新しく購入する家の住宅ローンを組む

家を売り、売却益でローン残債の全額を返済できないけど不足分を自己資金で補う

家を売ったお金よりローン残債の額が大きく、完済できない(この場合、ローン残債を新しい住宅ローンに上乗せする「買い替えローン」を組む方法があります)

 

 

 

 

 

 

買い替えローン(住み替えローン)とは

ローン残債が家の売却価格を上回る場合、その上回った金額を新しく購入する物件のローンに上乗せする方法です。家の売却益で完済が難しい場合、新しい住宅ローンで、その分多く借入することで問題をクリアできます。

 

近畿圏不動産買取センターのプロのスタッフが誠心誠意、お客様の立場になって売却にベストな方法でご提案しお手伝いさせて頂きます。せび、この機会にご相談くださいませ。

 

 


無料査定のご依頼は、フリーダイヤル 0120-50-8181 まで

 

 

 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.