滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

買換えの場合は『売先行』『買先行』どちらがいいでしょう(>_<)

買換えの場合、売却と購入を同時に行うことができれば理想的です。しかし、現実的に同時にする事は難しく、売るか買うかのどちらかを先に行うことになります。

 

買換えにおいて、

売却を先に行うことを「売り先行」、

購入を先に行うことを「買い先行」と言います。

 

 

売り先行のメリット

●売却価格が確定するので、買換えに向けた資金計画が立てやすい。
●焦らずに売却活動ができる。

売り先行のデメリット

●住まいを引渡すまでに買換え先が決まらなければ、仮住まいになってしまう。
●仮住まいとなると、引越しの回数も増え、余分な費用がかかってします。

 

 

 

買い先行のメリット

●時間をかけてじっくりと購入物件を探すことができる。
●新居へ引っ越すことで空家にすれば、家の印象を良くしてから売却できる。

 

買い先行のデメリット

●売却のめどがたたないと、新居購入の分と合わせた二重ローンになる可能性がある。
●売却価格や時期が未定なため、資金計画が狂ってしまう可能性がある。

 

滋賀・京都の不動産売却・買取の無料査定いたします!【京都市北区】

 

 

 

 

 

お問合せ頂いた売却、買取予定の不動産(土地、中古マンション、中古戸建、相続・任意売却物件)スピード無料査定をお約束致します。【京都市北区】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.