滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

任意売却の手続きのタイミングとは…【八幡市】

 

空き家買取・古家買取査定は近畿圏不動産買取センターへお任せください!スピード査定致します!【八幡市】

 

近畿圏不動産買取センターでは、八幡市内の空き家・空き地・中古マンションの買い取り強化中です!

 

 

 

 

《任意売却の手続きのタイミング》

条件やメリット・デメリットを見比べてみると、競売ではなく任意売却を選ばれる方が多いですね。
ではどのようなタイミングで任意売却の話を進めることができるのか?

住宅ローンの返済が3ヶ月以上滞ると金融機関が裁判所を通じて競売の手続きを始めます。 任意売却の手続きができるのもタイミングとしては同じです。しかし、できることなら3ヶ月の滞納を待たず、返済が難しいと確信した時点で金融機関に早目に相談するのがベストだと思います。

任意売却には債権者である金融機関の合意が必要です。 債権者としても労力やコストがかかる上に、売値が安くなってしまう競売は避けたいのが本音です。なので、早い段階で相談し「支払う意志はあるけれど実情困難であること」を伝えることで、スムーズに対応してもらえる場合もあります。

返済が滞り、債権者からの通知を無視し続けていると返済の意志がないと見なされ、有無を言わせず競売の手続きが進められてしまうことがあるので要注意です。

 

 

 

近畿圏不動産買取センターは、どんな物件にも対応いたします。お気軽にご相談下さいませ!滋賀・京都の物件買取り致します。宜しくお願い致したします。

 

 

 

 

 

 

 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.