滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取売却査定の事なら「近畿圏不動産買取センター」へお任せください

空き家対策特別措置法をご存知ですか?【野洲市】

 

長年、放置した空き家・古家・マンション・長屋の売却は近畿圏不動産買取センターにお任せ下さい!【野洲市】

 

空き家買取・古家買取は近畿圏不動産買取センターにお電話下さい!スピード査定致します!

 

空き家には固定資産税の減免があります。最近ではそのまま放置している人が増加したことで、空き家の急増が社会問題にまで発展しました。これらの不動産の流動化を図るため、「空き家対策特別措置法」が2015年(平成27年)2月28日から施行されました。
 

《措置法が適用される「特定空き家等」の条件》

1.倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態
2.著しく衛生上有害となるおそれのある状態
3.適切な管理を行われないことにより著しく景観を損なっている状態
4.その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態

 

措置法が適用される「特定空き家等」の条件この措置法が施行されれば、一部の空き家は住宅用地の特例措置が受けられなくなり、固定資産税が本税の適用になります。

また「特定空き家等」に該当すれば、勧告命令や指導・助言、さらに要件が緩和された行政代執行の方法により強制執行が可能となります。従来まで、空き家は固定資産税の評価額が6分の1となる措置を受けてきました。しかし、この適用を受けられなくなれば、現在、支払っている固定資産税は6倍に上がります。元々居住している住宅のための減免措置であったものを本来の形に戻すだけのことですが、これまで放置してきた空き家をどうするか方向性を考えていかなければいけなくなりました。

 

 

近畿圏不動産買取センターでは、不動産の経験・実績豊富な有資格者のみがすべてのお客様のご相談に誠実に対応いたします。お客様の『頼んで良かった』『ありがとう』と心から思って頂けるよう、ベストを尽くします。

滋賀・京都の不動産(売却・買取)査定に関する無料相談は近畿圏不動産買取センターへお任せ下さい!

 

 

無料査定のご依頼は、フリーダイヤル 0120-50-8181 まで

 

 

 

記事一覧に戻る

Copyright(c) 2017 滋賀・京都を中心とした関西エリアでの不動産買取「近畿圏不動産買取センター」. All Rights Reserved.